So-net無料ブログ作成

北海道日本ハム 大谷翔平 メジャー移籍へ [スポーツ]

スポンサーリンク




ダウンロード.jpg

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの『二刀流』大谷翔平選手がどうやら来年のシーズンオフにポスティングシステムにより、メジャーへの移籍を実現させるようです。

大谷翔平選手は花巻東高から直接メジャー挑戦をすることを宣言していましたが、ドラフトで指名した日本ハムへ入団し、日本のプロ野球を経由してメジャー挑戦することを入団当初から名言していました。

それにしてもまさかこんなに早く実現するとは思いませんでしたね。

これもやっぱり北海道日本ハムファイターズだからこそでしょうね。

これはいい意味でも、悪い意味でもです。
日本ハムというチームはソフトバンクや巨人のように惜しみなく大金を選手に与えることのできない会社ですから、これまでも年俸が高くなってきた選手に対してはFA(フリーエージェント)やトレードで新天地での活躍をするよう積極的に背中を押してきました。

そうすることにより主力の穴を埋めるべく台頭してくる若手選手をしっかりと育てるプログラムが出来、チームが常に新陳代謝を繰り返すというサイクルができあがっています。

今年もチームで長年レギュラーとして活躍してきた陽選手もFAで他チーム(巨人が優勢)へ移籍することが確実になっています。

こうした高年俸選手を放出することによりコスト削減にもなり、若手が育っていたら低コストで高パフォーマンス(優勝)が期待できますからね。
非常に優れたビジネスモデルだといえるでしょう。


しかも、ポスティングでの移籍となりますと、チームには非常に大きなお金が入ってきますからヨーロッパのサッカーチームのような選手を育ててビッグクラブへ売る、という流れになり、大きな利益をもたらすことになりそうです。


大谷選手は間違いなくチームでナンバーワンの集客力があるでしょうから、チームとしてはどんなに高い年俸を払ったとしてもそれに見合うだけの結果を残してもらったと考えているはずです。

実は来シーズンのオフにチームを「卒業」するのは大谷選手だけではなく、4番の中田翔選手もそうなんじゃないのかと言われています。


中田選手は来シーズンの年俸が2億7千万円で契約を更改しましたが、チームとしてはこれ以上の高年俸は厳しいでしょうからおそらく他チームとトレード、もしくはFAでの移籍を模索していくことになるでしょう。

日本人的な考え方をしたらかなりシビアに感じる日本ハムのやり方ですが、プロ野球はあくまでもビジネスですから、ぜひとも日本でもこうしたシステムが根付いてもらいたいと思います。

そうなると、資金力の乏しい球団であってもお金を集めることができますし、優勝をする力だって蓄えることができますからね。


スポンサードリンク





トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。