So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ
前の3件 | -

やっぱりすごいぞ大谷翔平 [スポーツ]

ダウンロード.jpg

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が3月に開催されるWBC(ワールドベースボールクラシック)への出場をケガにより辞退することになりました。

大谷選手は昨年の日本シリーズでの走塁の際に足首を痛めたようで、WBC開幕まで状態をピークにもっていくことが難しいということからこのような判断になったようです。


大谷選手といえば投手としては165キロを投げる剛腕で、打者としては20本以上のホームランを打つ「二刀流」の選手で、おそらく多くの野球ファンは大谷選手がWBCで海外の選手相手にどのような活躍をするのかを期待していたはずです。


そして、そんな大谷選手の姿を見たかったのは決してファンだけではなくメジャーリーグのスカウトたちも見たかったはずです。


噂では今シーズンのオフにはポスティングでメジャー移籍するのではと言われていますからね。

ただ、一番大谷選手の代表辞退によってがっかりしているのはスポンサーや運営している団体でしょうね。


大谷見たさに集まるファンを期待していたでしょうし、人が多く集まればグッズを販売したり、飲食を販売したり収益を上げることができますからね。
この決定にはかなりがっかりしているでしょうね。



ただ、他の選手たちはどうなんでしょうね。

今回おそらく大谷選手が参加していたなら大谷選手のための侍ジャパンになっていたはずです。

どの選手も大谷選手の実力は認めているでしょうが大谷のチームというのはきっと面白くないでしょうね。


大谷選手の辞退が決まって、マスコミでは悲観的な報道が多くなっているんですが、大谷以外にもプロ野球界の一流の選手たちが集まってくるわけですし、さらには、メジャーリーガーの青木選手も参戦するわけですから、ぜひともほかの選手たちにもしっかりと注目してもらいたいですね。


まぁ、こうしたニュースでもわかるようにもはやWBCは単なるビジネスのための大会になってきている気もしますし、真の世界一を決める大会では最初からなかったわけです。
だって、アメリカチームはバリバリのメジャーリーガーはほとんど出場しませんしね。


超一流の出ないような大会で世界一を決めることはできませんし、それならシーズンを開幕する前にけがのリスクがありながら参加する意味があるのかなぁって。


WBCが開催されると利益はほとんどアメリカにもっていかれますしね。


もちろん頑張っている選手を応援しますが、そろそろこの大会自体の見直しをしてもいい気がしますし、やっぱり、野球って一部の国と地域でしか人気のないスポーツだから無理矢理世界大会をしなくてもいいような気もしますしね。


まっ、要するに 大谷翔平はすごい! ってことですね 笑。


スポンサードリンク





トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

北海道日本ハム 大谷翔平 メジャー移籍へ [スポーツ]

ダウンロード.jpg

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの『二刀流』大谷翔平選手がどうやら来年のシーズンオフにポスティングシステムにより、メジャーへの移籍を実現させるようです。

大谷翔平選手は花巻東高から直接メジャー挑戦をすることを宣言していましたが、ドラフトで指名した日本ハムへ入団し、日本のプロ野球を経由してメジャー挑戦することを入団当初から名言していました。

それにしてもまさかこんなに早く実現するとは思いませんでしたね。

これもやっぱり北海道日本ハムファイターズだからこそでしょうね。

これはいい意味でも、悪い意味でもです。
日本ハムというチームはソフトバンクや巨人のように惜しみなく大金を選手に与えることのできない会社ですから、これまでも年俸が高くなってきた選手に対してはFA(フリーエージェント)やトレードで新天地での活躍をするよう積極的に背中を押してきました。

そうすることにより主力の穴を埋めるべく台頭してくる若手選手をしっかりと育てるプログラムが出来、チームが常に新陳代謝を繰り返すというサイクルができあがっています。

今年もチームで長年レギュラーとして活躍してきた陽選手もFAで他チーム(巨人が優勢)へ移籍することが確実になっています。

こうした高年俸選手を放出することによりコスト削減にもなり、若手が育っていたら低コストで高パフォーマンス(優勝)が期待できますからね。
非常に優れたビジネスモデルだといえるでしょう。


しかも、ポスティングでの移籍となりますと、チームには非常に大きなお金が入ってきますからヨーロッパのサッカーチームのような選手を育ててビッグクラブへ売る、という流れになり、大きな利益をもたらすことになりそうです。


大谷選手は間違いなくチームでナンバーワンの集客力があるでしょうから、チームとしてはどんなに高い年俸を払ったとしてもそれに見合うだけの結果を残してもらったと考えているはずです。

実は来シーズンのオフにチームを「卒業」するのは大谷選手だけではなく、4番の中田翔選手もそうなんじゃないのかと言われています。


中田選手は来シーズンの年俸が2億7千万円で契約を更改しましたが、チームとしてはこれ以上の高年俸は厳しいでしょうからおそらく他チームとトレード、もしくはFAでの移籍を模索していくことになるでしょう。

日本人的な考え方をしたらかなりシビアに感じる日本ハムのやり方ですが、プロ野球はあくまでもビジネスですから、ぜひとも日本でもこうしたシステムが根付いてもらいたいと思います。

そうなると、資金力の乏しい球団であってもお金を集めることができますし、優勝をする力だって蓄えることができますからね。


スポンサードリンク





トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カープ 黒田 引退 大谷 [スポーツ]

ダウンロード (1).jpg

今年25年ぶりにセリーグで優勝し、クライマックスシリーズ(CS)もしっかりと勝ち上がり、日本シリーズ進出を決めている広島東洋カープの黒田博樹投手が今シーズン限りで現役引退することを発表しました。

黒田投手は昨シーズン、メジャーの20億円のオファーを蹴り、広島に復帰し、それで引退をしようとしていましたが、今年までプレーし、チームを見事優勝に導き、自身も日米通算200勝を達成しました。


本人はもう悔いはないと言っていましたが、本当に達成感ばかりでしょうね。
ただ、これから日本シリーズが待っています。
ぜひとも日本一になり、涙の胴上げで有終の美を飾ってもらいたいですね。


ちなみに、黒田投手が背負った背番号「15」は半永久欠番となるようです。
これだけ広島ファンのみならず、プロ野球ファンに愛された黒田選手ですからもうこの番号を背負う選手が出てくることはないでしょうね。


個人的な感覚として、近年の日本シリーズでは何らかの「ドラマ」を持っているチームが勝っているのかなって印象をもっています。

分かりやすい例で言ったら楽天が日本一になったときはマークンこと田中将大投手のメジャー挑戦が決まっていましたし、千葉ロッテが3位からクライマックスシリーズを勝ち上がって日本一になったときは「下剋上」というドラマがありました。


今年のクライマックスシリーズ(CS)を見ていると北海道日本ハムの大谷翔平投手が最終戦でストッパーとして登板し、自己最速の156キロを記録するなど「大谷伝説」というドラマが今年の日本シリーズを席巻するのかと思っていました。


ですが、ここにきて「男・黒田引退」というドラマが加わりましたので、空気的にはちょっと広島が有利なのかなって気がします。


もう広島の選手は当然そうでしょうし、広島カープのファン、そして、多くのプロ野球ファンが最後に黒田の胴上げが見たいと思っているはずですからね。


もちろん、大谷のさらなる活躍を見たいという人も大勢いますけどね。

なので、今年のプロ野球日本シリーズは北海道日本ハムファイターズ対広島東洋カープ、なんですが、「黒田対大谷」でもあるのかもしれません。


じゃあ、お前はどうなんだと聞かれたら、私は大谷選手の活躍が見たいんですが、それでもやっぱり最後は黒田投手が勝って、広島が優勝、が一番じゃないのかなって思います。


日本シリーズでも新たなドラマが起きるかもしれません。
こんなに楽しみな日本シリーズは久しぶりですね。

スポンサードリンク





トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - スポーツ ブログトップ