So-net無料ブログ作成
検索選択

ガン保険は損!? 騙されていませんか? [健康]

images.jpg

独身の頃はまったく保険というものに関心がなく、説明は受けるもののまったくピンと来ずに未加入の状態が続いていたのですが、結婚し、子どもも生まれ、家族が出来てからはやはり意識が変わりました。


私に万が一のことがあったら妻や子はどうなるんだ、ということを考え、保険というもの入ろうと動いてみることに。

ただ、保険といってもたくさんあります。
テレビのCMでも毎日のように放送されています。


なので、まずはテレビでバンバンCMをしているような会社をリストから外そうと思いました。
その理由は自分たちの払うお金が広告費になっているからです。
誰もが知っているようなタレントともなりますときっとギャラも高いでしょうから、それだけ宣伝広告費も高くなっているはずです。

あと、店舗を構えているような会社もリストから外しました。
建物の家賃等の経費であったり、たくさんいる社員の人件費も私たちが支払っているお金から発生していますからね。

人間誰だって損をしたくはないですからね。

そうやって絞っていくとネット系の会社か共済かという選択になり、私はコープ共済の保険に加入することにしました。

共済保険は非営利目的の保険ですから、仮に利益が出た場合はすべての会員に分配するという話が個人的には非常に魅力的であり、信用できると考え、決めました。


ただ、一つ、ガン保険だけは今後見直しが必要だということを知り合いにアドバイスされました。

今のガン保険はどの会社でも
「入院すると1日につき1万円」
などといったようなかなり条件の良い保険になっています。
今は2人に1人がガンになる時代、なんてことをよく耳にしますからこれは入っておくべきかなと入りました。


ですが、知り合いの話によるとガンとわかっても実際に入院するのはせいぜい20日くらいだとか。
ほとんどの人がガンの治療を通院で行っているというのです。

そうなりますと、もし、ガンと診断され、10日入院し、治療費に100万円かかったとしたら保険金は10万円しかもらえないことになります。


知らなかったー。

なので、もしがんのための保険に入るのなら
「ガンと診断されたら〇〇万円」
といったようにまとまった金額が支払われる保険のほうがいいそうです。


これは知っていると知ってないとで大きな違いですよね。

私もがん保険に関してはこれから見直しをするところです。
もしこれから保険に加入しようと考えていたという人のお役に立てるのなら幸いです。

スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

喉の違和感はヒステリー球のせい [健康]

【ヒステリー球】

ヒステリー球は正式には咽喉頭異常感症と呼び、ストレスによって喉の違和感や異物感、詰まり感が出てくる疾患です。
このヒステリー球は、自律神経のバランスが崩れて発症しているために、内科で内視鏡検査をしても何も異常が見つからないケースがほとんどです。
ヒステリー球には「半夏厚朴湯」という漢方薬が効果的です。



4月から新しい部署へ異動し、何かとストレスがかかり、のどの違和感や異物感を感じていたのですが、その原因がおそらくヒストリー球ではないかと思い、漢方薬をドラッグイレブンで購入してみました。

このヒストリー球の特徴としてはのどの違和感や異物感が生じるらしいのですが、私も喉に違和感があり、詰まり感があり、げっぷの出そうな感じ、たまに吐き気、そして咳があるのでものの見事にヒステリー球の症状に当てはまっています。
もちろん過度のストレスを抱えている自覚もありますしね。

それに、仕事のある平日は症状が出て、休みの日に家族と過ごしている時にはまったく症状が出ないことからもヒステリー球ではないかと。

それで半夏厚朴湯のはいったストレージを飲んでみることにしました。

image.jpeg

いきなりすぐ効果があるかどうかは人それぞれかもしれませんが、私の場合は喉の違和感はだいぶ和らぎました。
仕事のことを考えたり、仕事をしたりするとまた違和感が出てきたりはしますが、飲んでいなかった時と比べるとだいぶ調子はいいと感じます。

本当ならストレス解消をしたほうがいいと思いますが、仕事をしている以上どうしてもストレスはありますからね。
なので上手にストレスと向き合うためにしばらくは漢方の力に頼ってみたいと思います。

早くヒステリー球なくならないかなぁ。

スポンサードリンク
【ヒステリー球】

ヒステリー球は正式には咽喉頭異常感症と呼び、ストレスによって喉の違和感や異物感、詰まり感が出てくる疾患です。
このヒステリー球は、自律神経のバランスが崩れて発症しているために、内科で内視鏡検査をしても何も異常が見つからないケースがほとんどです。
ヒステリー球には「半夏厚朴湯」という漢方薬が効果的です。



4月から新しい部署へ異動し、何かとストレスがかかり、のどの違和感や異物感を感じていたのですが、その原因がおそらくヒストリー球ではないかと思い、漢方薬をドラッグイレブンで購入してみました。

このヒストリー球の特徴としてはのどの違和感や異物感が生じるらしいのですが、私も喉に違和感があり、詰まり感があり、げっぷの出そうな感じ、たまに吐き気、そして咳があるのでものの見事にヒステリー球の症状に当てはまっています。
もちろん過度のストレスを抱えている自覚もありますしね。

それに、仕事のある平日は症状が出て、休みの日に家族と過ごしている時にはまったく症状が出ないことからもヒステリー球ではないかと。

それで半夏厚朴湯のはいったストレージを飲んでみることにしました。
いきなりすぐ効果があるかどうかは人それぞれかもしれませんが、私の場合は喉の違和感はだいぶ和らぎました。
仕事のことを考えたり、仕事をしたりするとまた違和感が出てきたりはしますが、飲んでいなかった時と比べるとだいぶ調子はいいと感じます。

本当ならストレス解消をしたほうがいいと思いますが、仕事をしている以上どうしてもストレスはありますからね。
なので上手にストレスと向き合うためにしばらくは漢方の力に頼ってみたいと思います。

早くヒステリー球なくならないかなぁ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

氷酢たまねぎを食べると血管年齢が20歳若くなる!? [健康]

誰でも健康で長生きをしたいと思っているはずですが、ただ漠然とその思いを抱いている人も少なくはないはずです。
いつまでも若く健康でいられるためにはどうしたらいいのか。
それは、血管の年齢を若く保つことが大きなポイントになります。
血管は人間の体内に血液と酸素を送る重要な働きをしており、もし、血管になんらかのトラブルがあるとたちまち不健康な状態になりますし、場合によっては死に至るおそれあります。
そんな血管を若く保つ最強のアイテムが、
スーパー調味料の「氷酢たまねぎ」です。

image.jpeg

氷酢たまねぎは、たまねぎとお酢をミキサーで刻んで凍らすだけの超シンプルな調味料で、お味噌汁に入れても、炒め物にそのまま使っても良く、便利でおいしい上に健康にも効果のあるスーパー調味料なんです。

氷酢たまねぎは血液をサラサラにして、若返り効果が期待できるものなんです。
2,3年前に人気となった酢たまねぎの進化バージョンと捉えてもらうとわかりやすいかと思います。
酢たまねぎは血糖値や中性脂肪に高い効果があると話題になりました。

酢には中性脂肪を減らし、代謝力を高める作用があり、血流促進・血管拡張効果があります。
たまねぎは血液をサラサラにし、血流が良くなり、血圧を下げる効果があります。

そんなたまねぎと酢は、効果を倍増させる最高の組み合わせになっています。

image.jpeg

氷酢たまねぎの作り方
○材料
たまねぎ2個(大きめのもの)
酢 150ml
ハチミツ 100ml

(1) たまねぎは皮をむき、4等分に切る。
(2) ミキサーにたまねぎ・酢・はちみつを入れ混ぜる。
(3) 製氷皿に入れ、冷凍庫で一晩凍らせる。
(4) スーパー調味料・氷酢たまねぎの出来上がり!

image.jpeg

ミキサーですりおろすことで消化吸収力がアップします。
ちなみに氷酢たまねぎを作る際に使用するお酢は黒酢ベスト。

黒酢は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で、クエン酸の効果で基礎代謝がアップし、味がまろやかになります。

image.jpeg

氷酢たまねぎは1日に製氷皿の3ブロック食べるだけでOK!
普段の食事に混ぜるだけで非常に簡単ですし、とてもおいしくなっています。


ぜひみなさんも氷酢たまねぎで血管を若くし、健康で長生きを実現させましょう。


スポンサーリンク